さかえクリニック
main_title
最新のにきび(尋常性痙瘡)とにきび痕の治療
にきびは専門医のもとで治療するものです。

エステなどに通っても一時的、あるいは逆に悪化してしまうことも多々あります。



専門医によるにきび治療
にきび治療方法
にきびはつぶしてはいけない。
専門医のにきび治療は違います。
にきび痕
にきび痕治療法
自分の血液を使用した新しいにきび痕の改善
space
専門医によるにきび治療
内服薬、外用薬は保険適応となっております。専門の美容皮膚科医が丁寧に対応しております。お気軽にご相談ください。
にきびとにきび痕で悩む方は多いのですが、どこでどういう方法の治療を受けるのが最善であるかを知っている人は少ないようです。
エステに通っても、悪化してしまうケースも多いようです。
にきび、にきび痕には専門医のもとで治療するべきです。
一般に皮膚科にかかっても良くならないと、すぐ治療をやめてしまう方が多いようですが、にきびの治療は時間がかかりますので、最低3ケ月以上は頑張って治療を受けて下さい。
当院では、現在考えられる最先端かつ最新のにきび、にきび痕の治療を行っており、大きな効果を上げています。
大学病院の皮膚科以上に臨床症例も多く、ビタミンC誘導体なども含め、新しい薬や治療法を取り入れていますので、にきび、にきび痕に関することは何でも相談して下さい。
上へ
space
にきび治療方法
[保険の使えるにきび治療]
内服薬(のみ薬):
ビタミンB6→皮脂の抑制
抗生物質
(1)テトラサイクリン→菌を殺菌する
(2)新マクロライド→菌を殺菌する
外用薬(ぬり薬):
抗菌クリーム(アクアチムクリーム)→にきび菌を殺す
抗炎症クリーム(スタデルムクリーム)→にきびの赤みを抑える
イオウカンフルローション→毛穴のつまりを取り除く
日常生活の注意:
髪形、食生活、ストレス防止、肌の刺激防止


[保険の使えないにきび治療]
にきび治療で保険は使えませんが、大変効果の高いにきび治療です。
同時にお肌のケアも可能になるのでお勧め出来る最新のにきび治療です。
フォトRF:
光と高周波で皮脂腺を抑制。短期でにきびを治療
外用薬(ぬり薬):
抗菌ローション(ダラシンローション)→強力なにきび菌を殺す
ベンゾイルパーオキサイド→日本未発売
ビタミンC誘導体ローション→にきび・にきび痕に対し画期的効果が期待できます
スキンケア:
ケミカルピーリング→AHA(フルーツ酸)で肌を整える
石けん→脂性肌用の低刺激ソープ
テクニカルピーリングマスク(TPM)→毛穴の角栓を取り除くパック


上へ
space
にきびはつぶしてはいけない。
不潔な爪でにきびをつぶしたりしたら、化膿したりします。
これによりにきび痕になったりもします。
化膿したにきびは、治った後も色素沈着や、にきび痕を起こします。
上へ
space
専門医のにきび治療は違います。
専門医はにきび1つを潰すのも、ちゃんと消毒した専門の器具を使用します。
自分でにきびを潰したりしないで専門医ににきび治療を依頼しましょう。
上へ
space
にきび痕
にきび痕には陥凹とシミ(色素沈着)があります。
sec5_image
上へ
space
にきび痕治療法
陥凹:
コラーゲン(ザイダーム)による注入。
わずか1〜2分で陥凹部が目立たなくなります。
ケミカルピーリング→浅いでこぼこには効果があります。

にきびによるシミ(色素沈着):
フォトRF→表皮層の薄いかひ化による剥離作用
内服液→ビタミンC、トラネキサム酸
外用薬→ホワイトニングクリーム
テクニカルピーリングマスク(TPM)→メラニンの活動を抑制

毛穴の開き:
フォトRF→光と高周波で皮脂腺を抑制。皮脂が過度に毛包に溜まり、毛穴を押し広げることを抑制。

スキンケア:
最先端のにきび治療としてビタミンC誘導体がにきび、にきび痕に有効です。
上へ
space
自分の血液を使用した新しいにきび痕の改善
「PRP皮膚再生療法」

血小板を使用した最新式の皮膚の若返り療法


「PRP皮膚再生治療」とは、ご自分の血小板を使用した最新式の皮膚の若返り療法です。
ご自身の血液から高濃度血小板血漿を抽出し、老化した皮膚に注入すると注入された血小板からさまざまな成長因子が放出され、にきび痕の改善を行う再生医療のひとつです。
臨床的にはPRP療法(自己多血小板血漿療法)と呼ばれます。
皮膚が若返ります。
感染症やアレルギーなどの心配もない安全な治療です。
上へ
space

ホーム
上へ

無料美容相談
まずはケータイで無料相談
電話相談する

MENU
ピアス
ニキビ・ニキビ痕
レーザー脱毛・脱毛
ホクロ
二重まぶた
プチ整形
まつ毛ケア
性病検査・治療
クリニック紹介
院長紹介
コラム

さかえクリニック
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。